ミツトヨお悩み解決提案

測定機の稼動率を上げる測定の自動化

従来からモノづくりの計測と言うと、加工ラインから抜き取った被測定物を検査室へ運び込み、
専任者による測定計測を行うことが主流でした。

 

近年のモノづくりにおいては、生産効率や人材確保の問題から、
加工ラインと計測機器をセットで組み合わせ、自動化したいという要望が増えています。

 

現場で下記のような測定課題をお持ちではありませんか?

ミツトヨの三次元測定機なら解決できます

 

 

 現場での測定課題

  • 自動化したいけど何から手を付けて良いのかわからない
  • 測定の省人化を図りたい
  • 現場で全数検査をしてパーツ管理を行いたい

自動化は目的ではなく手段

会社から「自動化による生産性向上!」と言われたものの、どこから始めるべきか
悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

 

「測定の自動化」は導入することが目的ではなく、課題を解決をするための手段です。

工程内で、下記のようなポイントがないか確認してみてください。

 

 自動化のポイント

  ・イレギュラーが少ない単純作業

  ・繰り返し作業

  ・負担が大きい(工数が多い)作業

 

現在、検査員によるマニュアル測定をしていれば、ステップ1としてCNC三次元測定機の

導入から始めてみるのも、自動化の一歩になります。

搬送装置との組み合わせによる稼働率向上

作業員によるワーク搬送の段取り替えで、時間がかかったり置き間違えによるエラーが生じていませんか?

 

ロボットなどの搬送装置と三次元測定機との接続により、測定機の稼働率を向上することができます。

  

全数検査による品質の担保

品質保証の要求レベルの高まりによって、取引先様より全数検査を要求されていませんか?

 

すべての製品を検査する全数検査体制により、各ロットごとの品質を完全に保証することができ、

取引先様からの更なる信頼の獲得、新たなビジネスチャンスに繋がります。

  

導入事例

安心の伴走体制

多くの現場を知るミツトヨは、お客様の課題に応じた自動化のご提案いたします。

 

測定の自動化についての相談はこちら。

自動化の専門部隊が相談にのります。何から手を付けてよいかわからない方こそ是非ご相談を。

自動化が可能な三次元測定機

インライン対応 CNC三次元測定機 
MACH-V

生産ラインの専用ゲージ測定に置き換わる、最適なフレキシブル計測システム
>もっと詳しく

CNC三次元測定機
CRYSTA-Apex Vシリーズ

「生産性向上」と「見える化」をキーワードに、高精度・高速・高加速度を追求した普及機
>もっと詳しく

ショップフロア型CNC三次元測定機 
MiSTAR 555

「設置環境を選ばない測定機」がコンセプトのCNC三次元測定機
>もっと詳しく

Copyright © Mitutoyo Corporation, All rights reserved.